結婚・出産祝金に対する所得税の課税・非課税範囲 規定 結婚祝金を会社等から従業員に支給した場合の所得税の課税・非課税規定には、以下のようなものがあります。 ・使用者から役員又は使用人に対し雇用契約等に基づいて支給される・・・

結婚式のご祝儀や親からの結婚資金の援助に贈与税はかかる?祖父母から孫への贈与の場合は?結婚祝いに税金がかかるのかどうか、わかりやすく解説しています。300万円まで非課税になる結婚子育て資金の一括贈与についても合わせて紹介していますので参考にしてください。

社会通念上相当な範囲を越える結婚祝い金を支給した場合には、その全額が給与所得として課税されます。ただし、相当な範囲を祝い金、これを超える金額を賞与として区分経理した場合にはその処理が認められると考えられます。 8)休業補償
社会通念上の金額の範囲内であれば、結婚、出産などの祝金品は課税なし . 6)結婚祝い金 .

会社が支払う結婚祝い金、香典、入院時の見舞金などは領収書がありません。しかし、こういった支払いも、会社の事業に関係するものである限り、会社の経費とすることができます。 ※ 軽井沢倶楽部にて 領収書がなくても会社の経費にできる? 社内規定に従って支給 社会通念上の金額の範囲内であれば、葬儀料、香典、見舞金は課税なし . 7)葬儀料、香典、見舞金 . 前回の記事でも書きましたが、「社会通念上相当」の範囲内ならok。なんだかグレーな言い回しですよね。そのお祝い金が「一般に社会的な慣習として行われて」いるかいないか。争った判例を見つけまし … 税務上、慶弔見舞金が経費として認められるようにするには、(1) 「慶弔見舞金規程」 などの社内規程をあらかじめ作成 し、その規程に従って支給すること、(2) また 「社会通念上相当」と認められる額 (常識の範囲内の金額) の支給 であることが必要となってきます。 役員や従業員に対する祝い金や香典等については、原則として給与等となります。しかし、それらの支給額は社会通念上相当と認められるものについては、課税しなくても良いことになっています。 (雇用契約等に基づいて支給される結婚祝金品等)